YOKONE3を実際に購入した私の体験レビューと評価をご紹介します

更新日:

YOKONE3を実際に購入した私の体験レビューと評価

横向き寝派でかつストレートネックに悩む私は、ストレートネックの人にもオススメの横向き寝専用枕YOKONE3が発売されたと知って、早速購入しました。

実際使ってみたところ、

  • 快適に横向きに寝ることができる
  • 首ストレッチ機能が気持ちいい

ということがわかりました。

ここでは、

  • YOKONE3の体験レビュー
  • YOKONE2との違い
  • YOKONE3の評価(長所と短所)
  • YOKONE3をオススメする人
  • YOKONE3の購入方法

について紹介します。

YOKONE3の購入を検討するときの参考にしてください。

YOKONE3の体験レビュー

YOKONE3の体験レビュー

横向き寝派の私は、横向き寝専用枕YOKONE2を愛用していました。

ところが、新発売されたYOKONE3には、首ストレッチ機能が付いていると聞いて、ストレートネックに悩む私は早速購入しました。

ここでは、

  • 高さ調節方法
  • 横向きで寝る
  • 仰向けで寝る
  • 首ストレッチ機能

についてのYOKONE3の体験レビューを紹介します。

高さ調節方法は?

YOKONE3もYOKONE2と同様に、厚さ2cmと厚さ1cmの高さ調整用のクッションが1枚ずつ付いています

YOKONE3もYOKONE2と同様に、厚さ2cmと厚さ1cmの高さ調整用のクッションが1枚ずつ付いています。

高さのバリエーションもYOKONE2と同じ4種類です。

枕本体(高さ9cm) 厚さ1cmのクッション 厚さ2cmのクッション 枕の高さ
9cm
10cm
11cm
12cm

ただし、YOKONE3は頭を置く部分のくぼみがYOKONE2より深くなっています。

横向きで寝た感想は?

厚さ2cmの高さ調整用クッションだけを入れた状態

私の場合は、厚さ2cmの高さ調整用クッションだけを入れた状態が、横向きで寝るのにぴったりです。

YOKONE2と同じくらい、頭、首、肩、胸が楽で、朝まで目を覚ますことなく、ぐっすり眠れます。

私はいびきの悩みはないのですが、YOKONE3で寝ると呼吸がとても楽になるので、いびきの改善にも良いのではないかと思いました。

仰向けで寝た感想は?

仰向けで寝た感想

仰向けに寝ると、頭の部分が枕にフィットしなくて、私の場合は、どの高さも合いませんでした。

YOKONE3は、YOKONE2より頭を置く部分のくぼみが深いのですが、くぼんでいる部分の大きさがYOKONE2よりも小さく感じられます。

でも、横向きに寝るときは、くぼみの深さについて全く気になりません。

ですから、頭の形によっては、仰向けに寝てもぴったりとフィットする人はいると思います。

私の場合は、いつも横向きに寝るので、この点は問題になりません。

首ストレッチ機能を使った感想は?

首ストレッチ機能を使った感想

首ストレッチ機能は指圧効果があって、とても気持ちがいいです。

首がストレッチされているかどうかはわかりませんが、コリが取れて、スッキリします。

ただ、私は、寝るときは、2cmの高さ調整用クッションを1枚だけ入れた状態がベストなのですが、その高さで首ストレッチ機能を使おうとすると、高さが合わなくて、マッサージ効果が得られませんでした。

首ストレッチ機能を使うときは、2cmと1cmの両方の高さ調整用クッションを入れた状態がピッタリです。

体験レビューのまとめ

YOKONE3はYOKONE2と同じくらい快適に横向きに寝ることができる枕です。

頭、首、肩、胸に全然負担がかからないので、朝まで熟睡できます。

ですから、横向きに寝る人にはYOKONE3もYOKONE2と同じくらいオススメできます。

それから、首ストレッチ機能は、首筋のマッサージができるので、とても気に入っています。

でも、一つ残念なのは、寝るときに最適な枕の高さと、首ストレッチ機能で首のマッサージをするのに最適な高さが違うことです。

高さ調整用クッションを出したり入れたりして枕を使い分けるのはちょっと面倒ですけど、横向き寝用の枕としても、首のマッサージ用の枕としても最高なので、その都度高さを変えて快適に使用しています。

YOKONE3とYOKONE2はどこが違うの?

私はYOKONE2とYOKONE3両方を使用しているので、ここでは両者の違いについて紹介します。

主な違いは、

  • YOKONE3には首ストレッチ機能がある
  • 頭をおく場所のくぼみはYOKONE3の方が深い
  • YOKONE3は枕カバーの色が2色から選べる

の3点です。

首ストレッチ機能がつきました

YOKONE3には首ストレッチ機能が付いています

YOKONE3には首ストレッチ機能が付いています。

上の画像で、手で持っているところが首ストレッチ機能です。(わかりやすいように枕カバーははずしています。)

首ストレッチ機能は、枕の頭を置く部分の上(逆側)に付いています。

なので、首ストレッチ機能を使って、首をストレッチするときは、枕の向きを逆にして、首ストレッチ機能が首の後ろにあたるようにして使います。

首ストレッチ機能を使うと首のコリが取れてスッキリするので、これは嬉しい新機能です。

頭を置く位置のくぼみがYOKONE2より深くなりました

頭を置く場所のくぼみがYOKONE2より深くなりました
YOKONE2は枕が高すぎるという声が多かったことから、YOKONE3は頭を置く部分のくぼみがYOKONE2より深くなっています。

画像だとわかりにくいですが、触ってみても、確かにYOKONE3の方が深くくぼんでいます。

ただ、くぼんでいる部分の面積は、YOKONE3のほうがYOKONE2より狭く感じます。

私の場合は、横向きに寝るときは全然くぼみの存在は気になりませんが、仰向きに寝ると頭を枕にフィットさせることができませんでした。

枕カバーの色を選べるようになりました

枕カバーの色を選べるようになりました

YOKONE2の枕カバーは1種類しかありませんでしたが、YOKONE3の枕カバーは白と黒の2色から選べるようになりました。

私は、白を選びました。

YOKONE3の短所は?

YOKONE3は横向き寝の人にオススメできる枕

YOKONE3は横向き寝の人にオススメできる枕です。

私はYOKONE3のおかげで毎晩快適に眠れています。

強いてデメリットを挙げるとしたら、

・使い方によって枕の高さを変えなければいけない
・頭を置く場所のくぼみが頭にフィットしない可能性がある

の2点です。

でも、これらの2点は気にならないという人が大半ではないでしょうか。

使い方によって枕の高さを変えなければいけない

YOIKONE3は自分で枕の高さを調整できるので、自分に最適な高さで使用することができます。

しかし、私の場合は、横向きで寝るときの最適な高さと首ストレッチ機能を使うときの最適な高さが異なります。

ですから、使い方を変える度に枕の高さを変える、という手間がかかります。

これを面倒臭いと感じる人にはデメリットになりますが、気にならないという人には何も問題はありません。

頭を置く場所のくぼみの形が頭に合わない可能性がある

YOKONE3は頭を置く部分のくぼみがYOKONE2より深くなったのですが、くぼみの部分の面積が狭くなっています。

その結果、私は仰向けに寝るときに頭を枕にフィットさせることができませんでした。

私はいつも横向きで寝ますし、横向きに寝るときは全然枕のくぼみは気にならないので、デメリットにはなりません。

でも、人によっては頭の形が枕にフィットしない可能性があるので、その場合はデメリットになります。

YOKONE3の長所は?

YOKONE3の長所

YOKONE3の長所は、

  • 横向き寝にぴったり
  • 高さ調節ができる
  • 首ストレッチ機能が気持ちいい

の3点です。

以下で詳しく解説します。

横向き寝にぴったり

横向き寝にぴったり

YOKONE3は、特許申請中の技術で頭・首・肩・腕の4点を支えるという設計になっています。

この技術のおかげで、上の画像のように横向きに寝ても重心がまっすぐに維持されます。

その結果、首・頭・肩・胸のどこにも負担をかけることなく快適に眠ることができます。

特に、首や胸に負担がかからないので、呼吸が楽にできます。

ですから、いびきや睡眠時無呼吸症候群で悩んでいる人にもオススメできます。

高さ調節ができます

高さ調節ができます

YOKONE3は枕の高さを9cm ~ 12cmの間で1cm刻みで調節することができます。

ですから、自分で枕を最適の高さにすることができます。

また、私たちは加齢によって骨格等が変わっていきますので、最適な枕の高さも変化していきます。

YOKONE3ならこういった変化にも問題なく対応できます。

高さ調節ができるおかげでYOKONE3を永く愛用することができます。

首ストレッチ機能が気持ちいい

首ストレッチ機能が気持ちいい

上の画像の黒い部分に首の後ろを当てて、首のコリを取ることができます。

特に、ストレートネックの人は常に頭が前に出ている姿勢になるので、首の後ろの筋肉がいつも引っ張られています。

ですから、首の筋肉のコリを取ることで、身体がリラックスして快眠できるようになります。

YOKONE3はどんな人にオススメ?

YOKONE3は、

  • 横向きに寝る人
  • いびきに悩む人
  • ストレートネックの人

にオススメです。

横向きに寝る人

横向き寝専用枕YOKONE3は、その名前の通り横向きに寝る人にオススメ

横向き寝専用枕YOKONE3は、その名前の通り横向きに寝る人にオススメです。

横向きに寝たときに頭・首・肩・腕の4点を支えるという設計になっていますので、横向きに寝ても身体のどの部分も痛くなることなく、快適に眠れます。

それに、枕の高さを自分で調節できるので、ほとんどの体型の人が快適に使えます。

いびきに悩む人

いびきに悩む人
YOKONE3はいびきに悩む人にもオススメです。

いびきに悩む人は、横向きに寝るといびきが改善されると言われています。

YOKONE3は横向き寝専用枕なので、横向きに寝ることでいびきの改善が期待できます。

確かに、YOKONE3で横向きに寝ると、呼吸が楽にできるのを実感します。

「YOKONE3のお陰でいびきが改善された」という口コミもよく見かけます。

ただし、どうしても仰向けにしか寝られない人は、あまり効果を期待できない可能性があります。

ストレートネックの人

YOKONE3はストレートネックの人にもオススメ
YOKONE3はストレートネックの人にもオススメです。

ストレートネックの人は上のイラスト(左側)のように、いつも頭が前に出た姿勢になっています。

その結果、前に出ている頭を支えようとして、首の後ろの筋肉はいつも引っ張られている状態です。

YOKONE3には首ストレッチ機能があるので、引っ張られている首の後ろの筋肉をほぐしてコリを取ることができます。

首の筋肉のコリが取れれば、身体がリラックスして質の良い睡眠をとることができます。

YOKONE3はどこで買えるの?

YOKONE3はどこで買えるの?
最後に、YOKONE3の購入方法を紹介します。

YOKONE3は、

・ネット通販のみで販売

しています。

ネット通販で買えます

YOKONE3は実店舗の販売はされていません。

YOKONE3の公式サイト、楽天市場、ヤフーショッピング、Amazonで購入することができます。

どのサイトで購入しても、価格は19,800円(税込)送料無料です。

公式サイトからの購入には11/15(金)まで1,500円OFFの増税お助けクーポンがついています。

>クーポンコードg8c71,500円OFFクーポンを使ってYOKONE3を購入する

まとめ

YOKONE3の体験レビューと私の評価を紹介

YOKONE3の体験レビューと私の評価を紹介しました。

YOKONE3は、

  • 横向きに寝る人
  • いびきに悩む人
  • ストレートネックの人

にぜひオススメしたい枕です。

YOKONE3で朝までぐっすりと快適に眠って、健康な生活を送りましょう。

>YOKONE3の公式サイトを見る

-

Copyright© 寝具百科 , 2019 All Rights Reserved.